べんメモ

ググったことを書くブログ

自分が調べたことは、きっと誰かも調べるはず

ガンバ大阪 2018 残留争い

宮本監督になり、苦戦が続いている。 後半になるとゲーム体力が尽き、ラインが下がり、決壊する。

なぜか?

  • 中断期間のツケ

紅白戦主体の調整。 他チームが真夏の連戦に備えてた時期に強度を高めることをしなかったという準備不足。

  • チーム完成度

選手はよく対応してると思うが、まだ未完成。 試合中に考えることが多すぎて、集中力が持たない。

  • 戦術ミス

宮本は、ゲーム体力の欠如を戦術でカバーしようとしている。しかし疲れきった選手たちに新たな戦術を実践する余力がない。 結果論だが、選手を信じて待つ方がマシだった。

では宮本に何ができたのだろう?

どうしてこうなった?

吹田スタジアム運営費が厳しい。 札幌と同じく、固定費として経営を圧迫する。これまでと同様に強化費が確保できない。だから、売上をあげるしかない。

どうやって?

常に優勝争いをし、動員数を確保する。

この方針でよかった。 しかし経営陣はそう考えなかった。

選手育成をして利益を上げる。

この方針が最大のミスだと思ってる。

トップチームの補強も原石中心。 監督の要望する選手はJSPカタログからの補充。 一方、育った宝石を評価できず、フリーで放出。

U-23は赤字。 原石を磨く環境が作れず、これまでならJ2で成長できた選手がJ3で燻る。

試行錯誤で仕方ないが、成功したとはいえない。

J2降格の主犯はクルピであることは間違いない。 ただ、この構造が続く限り、また繰り返す。

提案

(1) U-23 撤退。

降格したら、嫌でもそうなるだろうけど。 J2 近隣クラブと良好な関係を結び、期待の若手を預ける方が良いだろう。

(2) 強化部 KPIの策定

今後も社長は、Panasonic 人脈だろう。 彼らは経営のプロでもサッカーの素人だ。 強化部を信じるしかない。

しかし、信じた結果がこのザマだ。 強化部を評価するKPIは作るべきだろう。

松波さん、よろしく。

(3) チームカラー

「攻撃サッカー」はもう卒業しよう。

ガンバ大阪とは、選手の高い技術で魅せるサッカーである。何も攻撃だけが技術ではない。 選手を誇り、強いサッカーをしよう。

「蜜蜂と遠雷」の感想とか

読んだ。 一言でいえば、ピアニスト達の青春群像劇。 4人の若者はコンクールを通じて、どう成長したのか?

以後、含むネタバレ

『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集[完全盤](8CD)

『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集[完全盤](8CD)

感想

音楽を言葉で書き分けて表現する。 そりゃあ、大変だ。凄い。

一方でピアニストたちが天才すぎて、凡才の私にはついていけなかった。

4人の設定がぶっ飛んでたこともあり、 神、巫女、王、市民だと読み替えてた。

神のご神託は巫女へ。 巫女を通じて、王や市民に伝わる流れ。

音楽とは自然に普遍的にあるもの。 それを忘れた人々に天啓として伝えにきたのが神だ。 巫女を通じて、ある程度は伝えたろう。

巫女や市民は、神の意志に触れ、音楽を取り戻す。

で、王は? その辺が分からんかった。

ガンバ大阪 2018 後半 名古屋戦

宮本体制になって3戦目。名古屋に逆転負けでした。

敗因

宮本が語るようにゲーム体力不足。

クルピのせい。 次に中断期間を無駄にした社長・強化部長。

知ってたね。

今後とか

ボランチのタテパスをFWが収める。 二列目がサポートし、中央を崩す。 仮に中央を固められても、初瀬や藤本でクロス。 隙あれば、アデ中心のロングカウンター。

長沢・アデなら選択肢になりうる。

けど。

長沢がパスの受け手として... 倉田が崩しのキーとして...

高木の成長は待てまい。一美もどうか。 補強としてレアンドロ級のチート人材が欲しかったかな。

食野・小野瀬は大森・阿部と似てる。 この2人と倉田・藤本競わせよ。

ボランチは、高江・市丸の成長待ち。 特に攻撃面。

DFラインは...

ファビオのプレイが軽い。 体力が尽きて、あれが限界なんだろう。

後半苦しくなったときも、DFラインをあげる。 それができる体力がない。 せめてチームとしてボール保持率あげないとなあ。

求めすぎ

90分間、普段通りのチカラを出す体力がない選手に、より高度なものを求めるかんじ。 いろいろと無理。

継続

結果は出ないけど、今のやり方を継続しましょ。 そんな感想。

屋内ドローンについて

トイドローンを試してみた。

総評

まだ時期尚早である。

ドローンは、軽くて高出力なバッテリが必要。 でも、この技術がまだ実用に耐えないというのが結論。

リポバッテリー

iPhone でも搭載されてるバッテリ。 つまり、発火のおそれがある。

安全に管理できるなら大丈夫なんだろけど、ね。 以下の理由で危なっかしい。

バッテリ制御

過充電に過放電。 トイドローンは、この辺の制御する構造がない。

取説には、ちゃんと充電を見守ろう。 満充電になったら、2分は飛ばそう。 なお、充電時間は一時間強です。

普通は使ったら、翌朝まで充電。 次に遊ぶまで放置では?

衝撃

ドローンの操作は難しい。 慣れるまで思うように飛ばない。

それが楽しいわけで、そこは問題ない。 でも、いちいち高所から墜落する。

バッテリからすると、よろしくない動きをする。 それが燃えやすい屋内だからね。

この2点で、まだ時期尚早。 発火のおそれのないバッテリという技術革新待ち。

トイドローンは、それでも搭載容量が少ない。 屋外向けや業務用ドローンは、そりゃあ、発火するよねと思うわ。

よいところ

操作は楽しいと思う。

スプラトゥーン2 HD598SR ヘッドホンサウンドについて

AmazonプライムデーでHD598 SRを購入した。

HD598 SR

開放型ヘッドホン。 型落ちで安くなったけど、数年前なら2万円の品。 一般人ならすれば、高級ヘッドホン。 マニアからすれば、入門ヘッドホン。

これまで ath-ava300

開放型ヘッドホン。3000円代。

聴き比べ

いまや正月番組となった浜田の芸能人格付け。 きっとほとんどの芸能人がHD598を選ぶだろう。

理由は音ではない。装着感。 圧倒的な軽さとつけ心地。

スプラトゥーン2での音の違い

本題。今まで聞こえなかった音が聞こえたか?

一部のBGMはハッキリ聞こえるようになった。 音域によって、差が出やすい模様。

高いだけある。

ただ、別にこれまでも聞こえなかったではない。

割と聞こえない味方回線落ちの音がハッキリ聞こえた。あれって、近くにいないと聞こえない音だとしたら、たまたまかも。

ウデマエに影響するか?

この辺は、音で判断してる人たちでないと正しい評価できないので保留。

ステレオなので、音で方角がはあくできるようになったとか、そんなのはないです。

スプラトゥーン2 1周年フェス

18勝14敗。レート2169 max 2228

反省

集中力が切れてから、たぶん、勝ててない。 キルは集中力だなあ