読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べんメモ

ググったことを書くブログ

自分が調べたことは、きっと誰かも調べるはず

アークザラッド新作がスマホへ

フォワードワークス コンテンツ発表会 “ForwardWorks Beginning” 開催 | 株式会社フォワードワークス

PlayStation®の名作RPGアーク ザ ラッド」及び「ワイルドアームズ」を題材としたスマートフォン向け新作ゲームアプリを、オリジナルスタッフが加わりそれぞれ制作。

アークザラッドスマホにでるのか!
OS未定だけど、iOS/Android兼用だろな。

アークザラッド

アークザラッドを語るには、まず時代背景を理解する必要がある。

初代プレステが1994年に発売され、セガサターンとの次世代ゲーム戦争が勃発。
両陣営とも良いゲームを出してたと思うけど、RPGはなかった。その頃はスーファミも現役で、スクウェア中心に大作RPGが発売されまくり、ヒットを連発。次世代ゲーム機を持つユーザは、必然的に、RPGの発売を待ってた。
そんな時代に、シミュレーションRPGとはいえ、プレステのRPGとして登場したのがアークザラッド。「光と音のRPG」という売り方もよく、ミリオンセラーになってた。

その後、ファイナルファンタジー7がプレステに決まり、次世代ゲーム機戦争は終結する。
スクウェア任天堂出禁。そんな時代。

話を戻すと、アークザラッドはユーザー待望のゲームだった。

しかし。

数時間でエンディングを迎える。
ゲームボリュームが致命的に足りなかった。
当時の中高生は、それを5,800円で買ったんだぞ!

私のトラウマの1つ。

アークザラッド2

友人の評価が高かったので購入。
トラウマから、しつこくクリア時間を聞いたんだよ。懐かしい。

ゲームは丁寧でボリュームあり。
なんだけど、私にはイマイチだった。
ファイアーエムブレムタクティクスオウガの後だから、まあ、仕方ないけど。

スマホ版への提言

アークザラッドが記憶に残るのは、ユーザが欲しいものを一番最初に提供したことだ。

今回もそれができるよ。

既存のスマホゲーは、課金に力入れすぎよ。
フツーでいい。
kingdom rush みたいなタワーディフェンス型ゲームを作ってよ。アークザラッドのオリジナルスタッフならできる!

Kingdom Rush Frontiers

Kingdom Rush Frontiers


タワーディフェンスのつくりかた Unity5.0編

タワーディフェンスのつくりかた Unity5.0編