読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べんメモ

ググったことを書くブログ

自分が調べたことは、きっと誰かも調べるはず

サガ シリーズを振り返る

サガ スカーレット グレイス | SQUARE ENIX

「サガ」シリーズ完全新作
2016年12月16日発売予定

これは楽しみ。
その話はおいておき、まずは自分のサガ歴を振り返る。

『サガ スカーレット グレイス』発売記念!シリーズを振り返る|根強い人気をもつ独創的RPG『SaGa』シリーズ最新作!【限定特典付き】|ローチケHMV

魔界塔士SA・GA ゲームボーイ

本作は任天堂初の携帯ゲーム機「ゲームボーイ」で発売され、今なお続くシリーズの記念すべき1作目です。

遊んでない。

SA・GA2 秘宝伝説 ゲームボーイ

誰でもクリア可能なゲームバランス、世界観、音楽含め、ゲームボーイで発売されたソフトの中でも1位に選ぶ方もきっと多いはず。

初プレイ。
誰でもクリア可能?
挫折しましたが、何か?

ラスボス前でセーブしたら、戻れなくなった。
低レベルでサクサク進んだ結果、何度やっても倒せなかった。
DQのような親切設計に慣れた自分に、とてつもないトラウマを植え付けた作品。

ロマンシング サ・ガ スーファミ

プレイヤーの数だけ物語が描かれる魅力的なシステムではありますが、急な強敵に出くわしたり、どこに行っていいのかわからなくなったり、と本作=難しいRPGというイメージを今でも持つ方は多いでしょう

友達が貸してくれた記憶。

難しいRPG? それはちょっと違う。
バギーなんだ、これ。
何をやっても、バグがでる。

頭の中が「?」で満たされるゲーム。

ロマンシング サ・ガ2 スーファミ

開発責任者の河津さんに聞いてみたい。
このゲームは自信あったのでは?

それまでのシリーズと違って、あきらかに完成度が高かった。同世代のDQ5/FF5と比べても、
シナリオの自由度・戦闘の楽しさは一枚抜けてた。
スクウェアがFFだけでなく、RPG大手と印象づけた会心作だったとおもう。

ただし、クイックタイムでラスボスをハメ殺せるし、丁寧さはない。

ロマンシング サ・ガ3 スーファミ

前作から評価の高い音楽と、職人レベルのグラフィック、そして難易度の緩和、さらに個性的な8人の主人公とどれをとってもシリーズ集大成と呼べる本作は、シリーズの中でも1番と選ぶ方はきっと多いはず。

うーん。
それまでに比べたら、ゲームのクオリティが雲泥の差。普通に遊べるよ。

シリーズで1番万人向けではある。
でも、新味がなくてなー。

サガ フロンティア プレステ

本作の最大の魅力は、これまで複数いる主人公を選んでも最終的に辿り着く終焉は同じに対し、本作では全7人のキャラクターそれぞれのシナリオが用意されており、最後のボスも異なります。

主人公が10時間でラスボスにたどり着いてしまい、えっ?

サガ フロンティア2 プレステ

本作では手書き風というか水彩画風のようなグラフィックとなり、また音楽担当もイトケンこと伊藤賢治から浜渦正志に変更となったことで、映像、音楽共にどこか落ち着いた印象の作品。
(中略)
ストーリーの進行は“ヒストリーチョイス”というシステムで、その年代で起こったイベントをプレイヤーが選択する、という内容でした。これまでのフリーシナリオとは違い、一つの歴史を様々な視点で体験できる構築型のフリーシナリオとなっています。

つまり、サガフロとは全く違うゲームなんだ。
当時、クソゲー扱いをされてた気もするが、面白かったというか、サガらしかった。

アンリミテッドサガ プレステ2

正直、初回のプレイでは理解不能で何度投げ出したことか…。
ただ、ゲームのルール、システムを理解してくると、なんとか進めるようになり、徐々に自分の思い通りに物語が動き出すと、それはもう何ものにも代え難い達成感を得られるでしょう。

ようはダメなんだ。

あまりに不評でプレイする気になれず。
攻略情報が普及してきた今なら、サガファンには受け入れてもらえてるかもしれないけど。

ロマンシング サガ ミンストレルソング プレステ2

これまで様々な進化を続けてきたシリーズですが、ベースとなるのは『ロマンシング サ・ガ』なので、フリーシナリオ、キャラの成長要素、世界観、そして最新のシステムを積んだ本作はまさに完全版ロマサガRPGの難易度も(当時に比べ)優しくなり、それでいてやり込み要素も豊富でライトなRPGファンもサガシリーズファンも誰にでもオススメできるRPG作品となりました。

最高傑作。
それは間違いない。

尖ったゲームに、納期・予算がつけば、そりゃあ、よくなるよね。サガシリーズはそんなのばかり。

その他

3DSゲームボーイのリメイクがでたり、課金ゲーも出てたはず。スルーするHMV。妥当。

総括

サガって、ゲームの骨格は素晴らしいんだ。
今までにないゲーム体験ができる。

でも、予算・納期が足りず、作品の完成度が低いまま、リリースされることが多い。

一方、予算があったら、きっと洗練されない。
フツーのゲームになっちゃう。諸刃の剣。
リメイクに予算がついたときだけ化ける。

予算・納期のストレスが産む破壊的イノベーション。それがサガなんですよ。

サガ スカーレットグレイス

名作の予感。

  • 予算が少ない。
  • 元々、スマホゲー?
  • ワールドマップのみ
  • スマホ向け開発環境の制約でロード長い。
  • 主人公の数を削減
  • ゲームの中の主要12神(敵?)が全員出てこない

嗚呼。また叩かれるでしょう。
楽しみです。